青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

青汁の原料について

青汁の原料について

青汁の原料について

青汁は、粉の状態で目にすると、1種類の薬草を磨り潰して作られたように見えます。しかし実際には、青汁は複数の種類の青野菜や薬草を粉末状にしています。 原料となるものはたくさんありますが、ここでは、代表的な「大麦若葉」「ケール」「明日葉」「クマザサ」「よもぎ」の5種類について紹介します。

青汁には実は沢山の種類があります。

大麦若葉

大麦若葉は、ビールや麦茶などの原料になる「イネ科」の植物に当たります。私たちの体の錆びつきを防ぐ、SODやベルオキシダーゼなどの酵素、ビタミンやミネラル、カルシウム、亜鉛、鉄分を豊富に含んでいます。
甘みがあるため、他の原料と比べて大麦若葉だけで作られた青汁は飲みやすく青汁が初めての人にとってはおすすめです。

大麦若葉

ケール

ケールやアブラナ科にあたり、緑黄色野菜の中で、ビタミンが一番多く含まれているとされています。キャベツなどの仲間として分類され、大米では、サラダ、スープ、パスタに入れるなど、食卓によく並ぶ野菜です。

βカロテンを多く含み、温暖な気候の元では、一年中栽培することが出来ます。

ケール

明日葉

明日葉は、ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランスよく含まれているセリ科の野菜です。良質のタンパク質を含んでおり、各栄養素の含有量の豊富さから、緑黄野菜の王様と呼ばれています。 特有のほろ苦さのある野菜で、伊豆諸島の大島が特産とされています。また、明日葉は糖尿病の発症を抑える「カルコン類」と呼ばれる成分も含まれています。

明日葉

クマザサ

クマザサは、標高1,000m以上の高山に自生している、高さ1m以上にもなる大きなササです。クマザサは昔から治療薬として使用されていて、ビタミンK、ビタミンB2、ビタミンB1を多く含んでいます。
お寿司に生のクマザサが用いられることがありますが、これは、クマザサに含まれる殺菌作用がある安息香酸の効果を使っています。また貧血などに効果のある葉緑素も含まれています。

クマザサ

よもぎ

よもぎは世界各地で薬草として使われ、日本では、和菓子の材料に使われています。よもぎが薬草として使われる理由の1つは、その栄養素の豊富さにあります。 よもぎは、ビタミンA、C、K、ビタミンB2、ビタミンB1や、食物繊維、鉄分、カルシウムなども豊富に含まれているのです。

青汁で体内を若返らせる

青汁で体内を若返らせる

青汁で体内を若返らせる

青汁の原料の中で、特に栄養価が高いのが大麦若葉です。大麦若葉は多くの効能の併せ持っているだけでなく、美容にも効果があると言われています。多くの栄養素を含む青野菜を使用していることが、青汁が「万能食品」と言われる理由です。

青汁の原料は、どれも薬草としても使用できるほど、普段の食事では補えない栄養素を満たしてくれたり、体にデトックス効果を及ぼしてくれます。青汁を飲み続けることで、体の中を若々しく保つことが出来るのです

「何となく健康に良さそうで、高齢な方が飲んでいるイメージ」の青汁。健康に効果が高い理由は、青汁の原料となる青野菜の栄養価の高さにありました。

なるほど

なるほど

飲みやすいタイプの青汁として、フルーツ青汁など、原料の青菜と他の材料を混ぜて作れた青汁も販売されています。 これらは、青汁特有の苦みを抑えて飲みやすくしてあると同時に、他の材料と加えることで青汁の栄養とプラスの栄養を補う目的もあります。まず自分が飲みやすいなと感じる、相性の良い青汁を見つけましょう。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー