青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

運動する人は必見!スポーツドリンクをやめて青汁にしよう!

スポーツドリンクはダイエットに不向き

スポーツドリンクはダイエットに不向き

スポーツドリンクはダイエットに不向き

健康のために軽い運動を習慣にしていたり、 厳しい暑さを乗り切ったりするために、スポーツドリンクを飲むことを習慣にしている人は多いです。 スポーツドリンクは、高いカロリー量を消費する激しい運動をする場合や、風邪などで、風邪などで身体が弱っている場合、また熱中症対策に塩分を必要とする場合には、身体から失われる水分とともに ミネラルなども効率良く摂取することが出来ます。

そのためコンビニやスーパーなどで、販売されているスポーツドリンクは、 激しい運動で消費した水分や糖質を補うために作られています。しかし、日々の習慣として、軽めの運動をする場合は、水分補給をするためだけに、スポーツドリンクを飲み続けると、 必要以上の糖分を摂取することになってしまったり、カロリーオーバーを起こしてしまうこともあります。

青汁がスポーツドリンク代わり?と疑問に感じる人もいるかもしれませんが、 青汁は、このようなスポーツドリンクに含まれている栄養をカバーしながら、水分を補給するのに適しています。 水分補給するだけであれば、ミネラルウォーターを飲めば良いわけですが、水だけでは、疲労回復や運動に必要な栄養素を補うことが出来ません。

青汁は優秀なスポーツドリンク!

青汁は優秀なスポーツドリンク!

青汁は優秀なスポーツドリンク!

運動をした後に失わる栄養素、また疲労回復に必要な栄養素、それはビタミンとミネラルです。 もちろんスポーツドリンクを飲むことでこれらを摂取することが出来るのですが、実は、青汁にもビタミンとミネラルは豊富に含まれています。

青汁は、余計な糖質を摂取することなく、これらの栄養素を摂取することが出来るため、カロリーオーバーを起こすことがありません。 激しい運動をすると、たくさんのカロリーを必要とするため1度の食事でつい脂っこいメニューや、糖質の多いものを食べたくなります。 そんな時には、食べる前に青汁を一杯飲んでおくと、過剰な食欲を抑えて、必要な栄養素を取ることが出来ます。

アスリートや一定量の運動を習慣にする人に、不足しがちな栄養素がビタミンB群です。 また全身に酸素を運ぶ鉄分、運動によって発生する活性酸素を除去するセレンや亜鉛など、青汁は見事にこれらの栄養素もカバーしています。

熱中症対策にも青汁

熱中症対策にも青汁

熱中症対策にも青汁

飲料メーカーによって、スポーツドリンクがかなり流通しているため、運動をする人の水分補給や熱中症対策には、 スポーツドリンクが効果的だというイメージが世間的にも定借しています。そのため「熱中症対策に青汁」と聞くと、意外だと感じる人も多いでしょう。 夏場など、厳しい気候が続いてしまう気絶には、スポーツをしている時と同様に、ビタミンやミネラルが不足しがちです。

このような時にもスポーツドリンクの代わりに青汁を飲むことで、熱中症対策に必要な水分と、ビタミン、ミネラルを一緒に取ることが出来るのです。 熱中症を乗り切るために必要な栄養素は私たちの想像以上に多岐にわたっています。 例えば、細胞の浸透圧を調整する働きをするカリウム、これはバナナやさつま芋、豆類や、肉類などに含まれています。

そして、体内に摂取したたんぱく質や脂質などをエネルギー源に変えるビタミンB1、これは豚肉や大豆、キノコなどに含まれています。 大麦若葉の青汁を飲めば、これらの栄養素を網羅して摂取することができて、食べ過ぎによって太ってしまう心配が無いのです。

なるほど

なるほど

青汁は「健康食品」というイメージが定着しているため、体調を崩しやすい方や、高齢な方などが飲む印象を持っている人もいます。 しかし、アスリートや趣味で激しい運動をする人が運動に必要な栄養を効率よく摂取することにも一役買ってくれるのです。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー