青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

青汁比較レビュー

本当に体に良い青汁とは?

本当に体に良い青汁とは?

本当に体に良い青汁とは、自分の目的にマッチした青汁のことです。 健康になりたい、美容効果に期待している、ダイエットに使いたい、青汁を飲む理由は人によって異なります。自分の目的に合った青汁、それが本当に体に良い青汁です。

青汁の最大の特徴は、他の食品との相性が良く、掛け合わせてはいけない食品が1点しかないということです。 唯一のポイントである「継続性」を守りさえすれば、「こう飲まなくてはいけない」というルールはありません。飲んですぐ止めるのではなく、飲み続けること。 そうすれば、ヨーグルトやプロテインと混ぜたり、ケーキ類と混ぜて料理するなど、青汁にはたくさんの楽しみ方があります。

青汁を選ぶべきポイントとその判断

青汁を選ぶべきポイントとその判断

青汁を選ぶべきポイントとその判断

青汁を飲む目的をはっきりさせること、こうすることで、自分が適した青汁を選びやすくなります。 「何となく懸鼓になりたい...」それも理由の1つです。ダイエットに良いと聞いて、使ってみたい人、美容効果を期待して飲んでいる人、それぞれ青汁を使う目的があります。 目的がはっきりすれば、「原料はこれが使われている青汁の方が良い」「こっちの青汁よりも、こちらの方が効果が高い」という基準が出来てきます。

例えば、大麦若葉には、他の青汁よりも豊富な栄養がカバーされているため、まず栄養効果を享受したい場合には大麦若葉の青汁がおすすめです。 栄養効果ではなく、美容効果に期待したい、という方にはケールの青汁がおすすめで、薬草としての効果を期待したい場合にはクマ笹の青汁がおすすめです。 このように、青汁には目的に応じて、原料が異なる種類が用意されています。また、更にアレンジとして、これらの原料にはない、果物などを混ぜて、効果を高めることも考えられるのです。

具体的な青汁の飲みやすさと違いについて

具体的な青汁の飲みやすさと違いについて

具体的な青汁の飲みやすさと違いについて

一般的に「大麦若葉」と「桑の葉」の青汁は飲みやすく、クセが無いと言われています。 ケールは苦みが強い、など、青汁の種類によって、飲みやすさにも違いがあります。

どの青汁が飲みやすいか、これには好みがあるため、初めのうちは1つのブランドに定めないで、何種類か飲み比べしてみましょう。 始めは苦手だなと感じた種類の青汁であっても、飲み続けることで、段々慣れて美味しく感じれるものです。

なるほど

なるほど

青汁をいち早く商品化したのは、キューサイですが、青汁そのものの歴史は今から60年前にさかのぼります。栄養効果が高く、今では多くの会社が青汁を販売しています。 健康食品として、すっかり市民権を得た青汁ですが、アレンジ商品が豊富であることも大きな特徴の1つです。


青汁の美容効果を期待している美容ファンの中には、青汁を料理の調味料のように使い、自分でスイーツを作ったりして、自分なりの青汁活用法を編み出している人達もいます。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません