青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

若くても注意が必要な「骨粗しょう症」と、予防に青汁が期待できる理由

骨粗しょう症ってどんな病気?

骨粗しょう症ってどんな病気?

骨粗しょう症ってどんな病気?

骨粗しょう症とは、骨の構造がスカスカになってしまい、もろくなっている状態、骨折しやすくなる症状の病気です。 栄養不足や運動不足などの生活習慣が原因で引き起こされます。例えば、骨格が形成に影響を及ぼす成長期に無理なダイエット絵を続けてしまったりすると、 将来の骨密度に影響を及ぼし年齢を重ねてから、骨粗しょう症を引き起こしてしまうことがあります。

外出する機会が少なく、室内で過ごす時間が多い生活を行っていると 骨が衰えてしまい、こちらも症状の引き金になることがあります。また関節リウマチや糖尿病などの病気や、ステロイド薬の服用による副作用によって、症状を引き起こしてしまうこともあるのです。

日頃の生活習慣が骨の形成に影響を及ぼして発症してしまい症状にかかると、骨折をしてしまっても骨が元通りに回復しなくなってしまうのです。 また、骨粗しょう症に掛かるのは80%は女性だと言われています。

骨粗しょう症の原因は?

骨粗しょう症の原因は?

骨粗しょう症の原因は?

骨粗しょう症の根本となる原因の多くは、食生活です。 私たちは、骨の形成に必要な栄養素を食事から摂取しています。身体には「骨代謝」という、新しい骨を形成して、古い骨を壊していくサイクルがあります。 骨を作るカルシウムが不足したり、老化によるホルモンの減少により新しい骨が作られなくなり、骨の構造が弱くなってしまうのです。

こうならないようにするためには、普段の食事で、骨の形成に必要な栄養素をしっかり摂取する必要があります。 また、塩分や糖分が多い食事を取り過ぎると、尿がカルシウムを排出してしまい、体内のカルシウムが減ってしまうので生活習慣病を予防するのと同じように、塩分・藤墳を控えることで、骨粗しょう症の予防にもつながるのです。

骨粗しょう症を引き起こしてしまう女性の多くは女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減ってしまうことにより骨密度が低下してしまうのです。 50代以降に差し掛かった女性に骨粗しょう症が急増するのはこのようなホルモンの変化と、更年期が重なってしまうことが背景にあります。

青汁で骨粗しょう症を予防できる

青汁で骨粗しょう症を予防できる

青汁で骨粗しょう症を予防できる

青汁の原料は、骨粗しょう症を予防する栄養素をたくさん含んでいます。 原料のケールにはカルシウムがふんだんに含まれています。そして、ケールから摂取したカルシムの吸収率は、牛乳の約1.3倍です。 大量の牛乳を飲むよりも、青汁を飲んだ方が、より多くのカルシウムを摂取することが出来ます。

また、ケールからは、マグネシウム、骨にカルシウムをとどめる働きをするビタミンKも摂取出来ます。 加齢によるホルモンの変化で、骨を作る働きが弱まってしまうのは人の力で100%防ぐことは出来ません。 しかし、普段の食品に配慮することで、骨粗しょう症になりにくい生活を送ることは可能なのです。

また、辱品の中では「エクオール」と呼ばれる物質は、エストロゲンとよく似た働きをします。 そしてこのエクオールは大豆食品から摂取できるため例えば、女性で骨粗しょう症を予防したい場合には 青汁に豆乳を加えることで、さらに予防力を高めることが可能です。

なるほど

なるほど

骨を形成する栄養素は食生活を改善することで、効率よく私たちの身体に摂取することが出来ます。 青汁を毎日飲み続けるだけで、骨粗しょう症に陥る可能性を少しでも減らすことが出来るのです。


また食事だけでなく、日光浴をすると、ビタミンDが出来、骨の形成が正常に働くことを助けてくれます。 運動不足を解消する意味でも、普段から外出して散歩をするなど骨が丈夫になる生活を送ることを心掛けましょう。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー