青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

青汁の予防効果に期待!青汁を飲んでメタボ改善!?

メタボの定義は?

メタボの定義は?

メタボの定義は?

「メタボ」とは、元々、2006年に「メタボリックシンドローム」という言葉が流行語大賞となり、肥満症対策に注目が集まったことで生まれた略語です。 メタボは、特に中年以上の男性が掛かりやすく、内臓肥満、高血圧、脂質異常、高血糖などが、合わさった状態のことを指します。 メタボの状態に陥ってしまうと、糖尿病や血管の病気を引き起こしやすい状態となり、健康状態を損なってしまう可能性が非常に高くなってしまうため注意が必要です。

メタボの診断は、まず、お腹周りに必要以上の脂肪がついているかが、診断のポイントになります。 これに加えて、高血圧の状態、空腹時の血糖値が高い状態、中性脂肪・HDLコレステロールなどの脂質が高い状態のうち2つ以上が当てはまると、メタボリックシンドロームとして診断されます。

メタボの原因と解決策

メタボの原因と解決策

メタボの原因と解決策

メタボリックシンドロームは普段の生活習慣の積み重ねが引き金となって、引き起こされます。 食べ過ぎや運動不足、喫煙や過度な飲酒を続けていると、体調を崩しやすくなるばかりでなく、メタボに陥る可能性が高まります。 特に中高年以降にメタボになりやすいのは、身体の基礎代謝率が低下してしまうことが原因です。若い頃は基礎代謝率が高く、 意識して運動などをしなくても1日で消費されるカロリー量が多く、身体に脂肪として蓄積されるエネルギー量が少なくて済みます。

しかし、この基礎代謝率が加齢によって低下してしまうことで、食べた食品のカロリーが脂肪として身体につきやすくなってしまうのです。 そのため、メタボを解消するためには、食事や嗜好品、運動など、生活習慣全体を見直す必要があります。

肉食を控えて野菜中心の生活にする、定期的にウォーキングやランニングをするなど、運動不足を解消するなど、小さな生活改善を繰り返すことで、メタボを寄せ付けない生活が送れます。 喫煙を控えたり、お酒の量を減らしたりすることは、初めのうちはストレスを感じて、続けるのがむずしかしいかもしれません。しかし、体質改善に成功すれば、考え方も変わり、健康的な生活をポジティブに捉えられるようになります。

青汁でメタボをやっつけろ!

青汁でメタボをやっつけろ!

青汁でメタボをやっつけろ!

青汁は、メタボを改善する食品として多くの人に使われている食材です。メタボリックシンドローム自体は、生活習慣が整わないことによって引き起こされるため、 安直に「青汁を飲めば、メタボにならないと考えてしまう」と考えてしまうと、原因と結果を見誤ってしまうことになります。 しかし、青汁には、メタボを予防・改善する栄養をが豊富に含まれているため、青汁を飲み続けることで、生活も改善しますし、結果的にメタボをよせつけjない生活を送れます。

特に、中年以降、基礎代謝率が落ちてしまった体には、青汁の栄養は効果的に働いてくれます。 大麦若葉や明日葉、ケールを原料とした青汁には、SOD酵素がたくさん含まれていて、動脈硬化・糖尿病の原因となる活性酸素を取り除いてくれます。

糖尿病にかかった患者の血中では、ビタミンB1の濃度が低下していて、青汁にjは、ビタミンB群が豊富に含まれています。 また、豊富に含まれた食物繊維は血液をサラサラにしてくれ、生活習慣病全般を予防してくれ、これも結果的にメタボ対策につながります。

なるほど

なるほど

生活習慣を整えたい、そう願う人に青汁は味方してくれます。健康を願う人が青汁を飲む、それには理由があります。青汁は、1000年以上前に書かれた、 日本最古の医書「医心方」に、その起源があり、日本人の身体の健康を考えると、青汁と私たちには、深いつながりがあるのです。


「ちょっと最近、お腹周りにお肉がついてきた」「お酒やタバコを控えて健康な生活を送りたい」そう思い立ったら、是非、青汁を手に取ってみましょう。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー