青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

更年期障害は、漢方、サプリメントではなく、青汁で改善できる!?

更年期障害の原因は?

更年期障害の原因について知りたい!

更年期障害の原因について知りたい!

更年期障害は、女性が閉経を迎える期間である更年期と呼ばれる時期に女性ホルモンの1種である「エストロゲン」と呼ばれる物質が減少することにより起こります。 日本人の女性は、成長とライフステージの変化に伴って、思春期・性成熟期・更年期・ 高齢期と4つの時期を経験します。

更年期はこの4つのうち、加齢に伴って、閉経前後の時期に当たり、卵巣の組織が消えて、排卵が行われなくなるため、女性ホルモンが上手く生成できなくなり、エストロゲンが足りなくなってしまうのです。 これが原因で、身体に様々な不調を引き起こします。

更年期に当たる期間は人によって個人差がありますが、平均的には40代後半で、45~55歳くらいに当たります。 そして、更年期は加齢によって引き起こされるだけでなく、ストレスや生活習慣などが引き金となり、症状として、表れてくることもあります。

更年期障害の症状について見てみましょう

更年期障害の症状について見てみましょう

更年期障害の症状について見てみましょう

更年期障害の症状は、多岐にわたっていて、代表的なものとしては、頭痛やめまい、憂うつな状態が続く、精神神経に関わるもの、 動機や息切れなどを起こす血管運動神経に関わるもの、下痢や吐き気を催すなど、消化器官に関わるものなど、身体の各部位が不調を起こしてしまうため、自分自身が更年期障害を発症しているという自覚できない人も多いのです。

そのため、「何となくだるくて、やる気が出ない...」「でも、病院に行ってもはっきりとした原因がわからない」という、いわゆる「不定愁訴(ふていしゅうそ)」の状態が続いてしまい、 非常に苦しい期間を送ってしまう場合があります。更年期障害の治療方法としては、減少してしまったエストロゲンを補充するためのホルモン補充療法、また漢方薬を使用したり、精神神経に関わる症状が強い場合には 抗うつ薬や、抗不安薬を使用する場合もあります。

更年期に当たる期間は女性にとって、子供の自立など高齢に向けての準備など、ライフイベントとしても、ストレスを抱えやすい時期でもあります。 誰もが通る道ではあるものの、重たい症状で苦しむ期間が長引いでしまうと生活の質が落ちてしまい、本人だけでなく、家族もつらい目に合ってしまいます。

青汁が更年期障害に効く?

青汁が更年期障害に効く理由

青汁が更年期障害に効く理由

更年期障害自体は、加齢や生活習慣が原因となり引き起こされるため、症状を完全に防ぎきるのは難しい場合があります。 しかし、生活改善を行うことで、つらい症状を和らげて、元気にこの期間を乗り切ることは出来るのです。

特に、更年期で苦しんでいる人に良く飲用されているのがハーブ青汁です。ハーブと大麦若葉の組み合わせは、更年期特有の不定愁訴の症状を和らげる効果が期待できます。 もちろんハーブが入っていない青汁でも更年障害改善に期待できる成分がふんだんに入っています。「健康の基本は食事」と言われるほど、更年期の症状を食生活の改善で和らげることは可能なのです。 特に更年期の期間はバランスの取れた食生活を取ることが必要で、これには和食が適しています。

また、食物繊維やオリゴ糖をたっぷり含んだ大豆も良いとされるため、青汁と豆乳の組み合わせもおすすめです。 青汁に含まれたビタミンB1やビタミンEは、自律神経を整えたり、乱れたホルモンのバランスを整える効果が期待できます。

なるほど

なるほど

青汁それ自体の栄養素が、更年期障害の症状緩和・改善効果を期待できます。青汁は、他の食品との掛け合わせのバリエーションが非常に多く、 別の食品と合わせて摂取することで、更なる栄養強化が出来ます。


現在は、原料の青菜を用いだだけの青汁だけでなく、このような青汁の性質は、各商品のメーカーも既に周知のことです。 更年期障害により的確に対応出来るように、大豆と青汁を混ぜた商品やハーブ青汁など、色々な商品ありますので、自分の身体と相性の良い青汁を見つけましょう。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー