青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

肝臓と腎臓が悪い人は、青汁を控えましょう!

肝臓と腎臓に問題のある方は青汁NG!

肝臓と腎臓に問題のある方は青汁NG!

肝臓と腎臓に問題のある方は青汁NG!

青汁には多くのカリウムが含まれています。 カリウムは私たちの身体の細胞の浸透圧を維持したり、水分を保つために、重要な役割を果たしています。 またカリウムは、高血圧などに掛からぬよう、血圧を下げる働きもあります。これは、腎臓でのナトリウムの再吸収を抑えて、尿中への排泄を促進してくれる効果によるものです。

しかし、もしも腎臓や肝臓に、問題を抱えている方は青汁を飲まないように注意が必要です。 カリウムはあくまで、腎臓が健康な人の腎臓病予防に効果があるのであって、腎臓や肝臓に疾患のある場合には、良くないことが多いのです。 腎臓が悪い場合には、カリウムを上手に体内に排出することが出来なくなることがあり、高カリウム血症という症状を発症してしまうことがあります。 青汁そのものが害を与えるというよりかは、成分のカリウムが弱った腎臓に良くない影響を及ぼしてしまうのです。

食物アレルギーにも注意!

食物アレルギーにも注意!

食物アレルギーにも注意!

青汁の原料に使用されている青菜にアレルギー反応を起こしてしまう場合には青汁を飲むことは控えましょう。 青汁に含まれている「脂溶性ビタミン」をたくさん摂取した時に、過剰摂取のためにアレルギー反応を起こしてしまう場合があります。 脂溶性ビタミンは身体に蓄積しやすく、頭痛や吐き気などを引き起こしてしまうことがあるのです。青汁を飲む時、1回の量は適量にしましょう。

アレルギーを起こしてしまう場合、また、上で説明したように、腎臓や肝臓に疾患を抱えている方は自分は青汁を飲んでも問題ないか、かかりつけのお医者様に確認してみましょう。 青汁は、豊富は栄養素をカバーしているため、それらが、疾患と相性が悪く身体にネガティブな反応を起こしてしまっては、せっかくの生活改善の意欲も薄れてしまうでしょう。 また、逆に花粉症やアトピー性皮膚炎などの症状を持っている場合に青汁を飲用することで、症状が改善される場合があります。

青汁は食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は腸内環境を整える作用があるため、これにより身体の免疫力を上げるアレルギー体質の改善が期待できます。 また、青汁に含まれてミネラルは、デトックス効果や免疫力を上げる効果があるため、こちらもアレルギー体質の改善に役立つのです。

そのほかの注意点は?

そのほかの注意点は?

そのほかの注意点は?

また、血栓を防ぐ「ワーファリン」という薬を使用している場合に、 青汁と一緒に飲んでしまうと、薬の効果がなくなってしまうことがあるため、注意しましょう。 血液を固めるためにはビタミンKが必要なのですが、ワーファリンはそのビタミンKの働きを抑えることで血液の凝固を防ぐのです。ビタミンKは青汁だけでなく、納豆やクロレラなどにも含まれるため、 ワーファリンを飲んでいる方は、青汁だけでなく、これらの食品も控えるようにしましょう。

青汁は身体に健康効果のある、たくさんの栄養をカバーしています。 しかし、わずかながら、このような副作用が身体に影響を及ぼすことがあります。長く飲み続けることで、健康効果を発揮する分、しっかり青汁の特性を把握しておきましょう。

なるほど

なるほど

自分が既に、何らかの病気を抱えていて、症状の改善や身体の免疫力を高めるために青汁を使用する場合には、まず主治医に相談することがおすすめです。 青汁は普段の食事では網羅しきれない栄養を効率的に摂取できるように考慮されて作られています。


その中に含まれた栄養素が、万が一、病気に悪影響を与えてしまう可能性はゼロではありません。 栄養効果の高さと、安全性、青汁の効果を最大限発揮するためには、この2つをポイントにすることが重要なのです。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー