青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

睡眠不足解消をしたい方は必見!青汁を飲むと睡眠の質が上がる!?

青汁を飲むと睡眠の質が上がるってホント?

青汁を飲むと睡眠の質が上がるってホント?

青汁を飲むと睡眠の質が上がるってホント?

「眠りが浅くて、ぐっすり休まった気がしない」「寝つきが悪いのだけど、不眠に効果がありそうな食品はないだろうか」このようなことでお困りの方には青汁を飲むことがおすすめです。 野菜を原料にした青汁を飲むだけで、睡眠効果が高まるって本当かと疑問に感じるかもしれません。

しかし、眠れないと悩んでいる人の中には青汁を飲むことで、悩みが解消されたという経験をお持ちの方は多いのです。 青汁は医薬品ではないため、青汁のメーカーは「青汁を飲めば不眠症が治る」と大々的にPRしているわけではありません。しかし、豊富な栄養素を含んでいる青汁を飲み続けることで、結果的に不眠が解消されるケースは多くあります。

メラトニンが熟睡のカギ!

メラトニンが熟睡のカギ!

メラトニンが熟睡のカギ!

青汁の原料である大麦若葉やケールには「メラトニン」という物質が含まれています。 メラトニンは別名「睡眠ホルモン」と呼ばれていて、不眠症予防のサプリメントなどにも含まれている物質です。通常、食品の中に含まれているメラトニンの量は、さほど多くはなく、 例えば、トウモロコシで、約150ng(ナノグラム)、白米で約100ng(ナノグラム)含まれていますが、ケールだけは、この量が実は、約4500ngも含まれているのです。

料理用のケールで、十分なメラトニンを摂取しようと考えると、一食のうちで、非常に多くの量を食べる必要があります。 しかし、原料が粉末となった青汁の場合には、毎日、少量飲み続けるだけで睡眠効果を高めるために効果のある量を摂取することが可能なのです。

また、豆乳には、同じく睡眠の質を向上することを期待できる「トリプトファン」が多く含まれています。 そのため、飲み物で睡眠効果を高めたい人の中には、青汁と豆乳の組み合わせを飲むことを習慣化している人もいます。

もっと深い眠りに入る工夫

もっと深い眠りに入る工夫

もっと深い眠りに入る工夫

ケールや大麦若葉を飲むことを習慣化することで睡眠効果を高めることを期待できますが、それだけでなく、 生活のちょっとしたコツで眠りの質を高めることは可能です。睡眠ホルモン メラトニンは、私たちの脳に働きかけて、眠気を引き起こします。 このメラトニンは私たちの起床時間・睡眠時間・そして太陽光と密接に関わりながら、分泌が促されます。

朝、目覚めた時に日光を浴びた時から、メラトニンの分泌は始まります。しかし、まだこの時には、分泌量は低い状態です。 そして、起床してから、14~15時間ほど経過すると、分泌量は増えます。その後も徐々に増え続けて、血中のメラトニンの濃度が増えていくことで、私たちは眠気を感じ、睡眠に誘われるわけです。

このメラトニンの活動は、太陽光に含まれるブルーライトによって、コントロールされています。私たちの身体は、目覚めたときから、無意識にこのブルーライトを眼球から体内に取り込んでいます。 これによって、日中、意識が覚醒した状態で、活動することが可能になるのです。

よく夜遅くまで、寝室の電気をつけたままにしていたり、深夜にスマートフォンを使い続けてしまったり、コンピュータでインターネットを楽しんでいたりすると、夜値付けなくなってしまうことがあります。 これは、必要以上に目がブルーライトを取り込んでしまい、夜になっているにも関わらず、身体が日中であると錯覚を引き起こしてしまうことによって、引き起こされてしまう現象です。

なるほど

なるほど

私たちの身体は、自分が意識する以上に、日中の日光や照明、家電などの光に対して敏感に働いています。 「夜に眠れない」と悩む方は、日中のメラトニンの働きを意識して、夜にメラトニンが正常に分泌されるようにするには、 どのようにしたら良いか、という点をポイントに生活改善を行えば、睡眠の質を高めることが可能です。 また、青汁などの食品によって、外からメラトニンを摂取することが出来るという点も見逃せません。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー