青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

青汁パワーUP!青汁の効果を引き出してくれる食べ物とは?

青汁の効果を引き出す食べ物とは?

青汁の効果を引き出す食べ物とは?

青汁の効果を引き出す食べ物とは?

青汁は、毎日飲み続けるだけで、原料の青菜に含まれている豊富な栄養素を効率よく摂取することが出来ます。 また他の食品と掛け合わせて摂取することで、プラスアルファの栄養を一気に補うことが出来ます。

まずは牛乳。青汁を牛乳に混ぜて飲むと、独特の苦みを薄めることができて、非常にまろやかな口当たりになります。 また、豆乳を混ぜて青汁を飲む人もたくさんいます。混ぜて飲むことで、青汁に豊富に含まれているビタミンが壊れてしまうのではないかという声もありますが、 粉末として混ぜる量に対して、あり得ないほどの量の牛乳をいっぺんに混ぜて飲むとこのようなことは発生します。 しかし栄養学的にも、コップ一杯程度の量であれば、ビタミンが壊れてしまうことはありません。

また牛乳と合わせて、よく使われるのがヨーグルトです。 ヨーグルトには、青汁には含まれていない、動物性のたんぱく質や腸内環境を整る乳酸菌が入っているため、青汁と混ぜて食べることでこれらの効果を存分に吸収することが出来ます。 また牛乳と同様に、ヨーグルトと混ぜ合わせることで、口当たりが良い状態で青汁を飲むことが出来ます。

「フルーツ青汁」が流通しているのを見ると良く分かりますが、青汁は果物とも相性が良く、フルーツと一緒に摂取すると飲みやすく、健康効果も高まります。 特に相性が良いのはレモンです。レモンには疲労回復を促すクエン酸が豊富に含まれていて、青汁に含まれている、ビタミン、ミネラルと合わせて、このクエン酸を摂取することで高い疲労回復効果が得られます。

相性の悪い食べ物はある?

相性の悪い食べ物はある?

相性の悪い食べ物はある?

青汁は上で挙げたように、色々な食べ物と掛け合わせて飲むことで、カバーできる栄養素の幅を広げます。 しかし、青汁と相性の悪い食べ物もあります。それは生の人参です。生の人参に含まれたアスコルビナーゼは青汁には、組まれているビタミンCを壊してしまうのです。

人参が好きで、どうしても青汁と一緒に食べたい人は、加熱した人参と一緒に摂取するようにしましょう。 他に「絶対これと混ぜてはいけない」という食品はありませんが、抗生物質など、病院から処方されている薬と青汁を一緒に飲むことは極力避けましょう。薬は基本的に水と一緒に飲むことがルールとされていて、青汁の栄養素が薬の効力を弱めることを避けるためです。

青汁は料理にも使える?

青汁は料理にも使える?

青汁は料理にも使える?

青汁とどうしても相性が悪いのは人参ですが、それを除けば、他に混ぜてはいけない食品はありません。 そのため、青汁を料理に加えることで、青汁に含まれる高い栄養価を美味しく摂取することが出来ます。おすすめしたいのは、お菓子を作るときに、青汁を混ぜることです。 意外にもケーキを作るときに、青汁は活用され、炊飯器でケーキを作るときに青汁を混ぜたら、大成功!という評判もあります。

炭水化物中心のお菓子に青汁を混ぜることで、栄養価の高い食品になります。 また、天ぷらを揚げるときに加えたり、カレーを作るときに加えたり、普段の料理の中でも青汁が大活躍する機会はたくさんあります。 また他にも麺類に青汁を加えることで、そのまま夏バテを乗り切るためのメニューに大変身します。青汁が最初から練りこまれている面なども販売しているので、料理が好きな方はこれらを是非活用してみましょう。

なるほど

なるほど

青汁は、手軽に栄養を摂取出来るだけでなく、料理の幅を広げることに一役買ってくれます。 青汁と牛乳の相性が良いことは上で取り上げましたが、これに甘酒を加えることで、抹茶ラテが出来上がります。これは美容にも効果があり、女性に人気があるメニューです。キューサイの青汁が普及し始めた時に、「マズイ」というキャッチフレーズのCMが話題になりました。


「良薬口に苦し」と言われますが、青汁の敷居の高さの要因の1つは、味です。しかし、青汁は料理との相性が良いため、ただ水と混ぜて飲むだけでは、もったいなく、自分が好きな料理と混ぜて摂取するようにすれば、楽しく、健康生活を営むことが出来ます。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー