青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

トクホ(特定保健用食品)の青汁を徹底検証

トクホってなに?

トクホってなに?

トクホってなに?

「トクホ」という言葉を耳にしたことはありますか? 健康や食生活に関心の高い方は1度は聞いたことがあるでしょう。消費者庁許可を受けている食品のことを指し、安全性などの面で、国の基準をクリアしていることが証明されています。 消費者庁とは、2009年に創設された庁で、厚生労働省から健康に関する法律の所管が、この庁に移行されています。

トクホは、私血の健康を守る目的で作れらた制度で、この認定を受けたという食品は、厳しい審査をクリアした、信頼性の高い食品ということになります。 トクホの認定を受けているのは、例えば飲料水や乳製品など、様々な種類の食品があります。 認定を受けている食品は、パッケージに「消費者庁認可 特定保健用食品」のマークがあるため、例えば、スーパーなどで「家族がいるから、安全性の高い商品を買いたい」と考えた時には このマークがついているかどうかが、1つの目安になります。どのメーカーでも表示できるものとなっています。

そして、青汁には、トクホの認定を受けた商品と、そうではない商品があります。 もし妊活中であったり、小さなお子さんがいる場合には、トクホマークがついている青汁を選べば、ある程度、安全性が保障されているという安心感を得られます。

青汁のトクホに認定されている成分には何があるの?

青汁のトクホに認定されている成分は?

青汁のトクホに認定されている成分は?

「キトサン」、「難消化性デキストリン」という成分が、含まれているかどうか、これが、トクホの認定を受けている青汁と、普通の青汁の大きな違いです。 キトサンは「動物性食物繊維」と呼ばれ、海の生き物の「殻」に含まれている「キチン」という物質から、作られます。このキチンという物質は、他にも昆虫の外皮などにも含まれています。 地球上にたくさん繁殖している生物の殻に含まれているわけですから、地球上には1千億トンもの量のキチンが存在します。

しかし、野菜やお肉や魚の切り身などに含まれている栄養素とは違い、海産物の殻に含まれているため、普段の食事で摂取する機会はあまりありません。 そして、このキトサンにはすぐれた抗菌性があるため食品だけでなく、医療分野、化粧品などにも使われていて私たちの生活を支える重要な役割を果たしています。

「難消化性デキストリン」はトウモロコシのでんぷんから作られた成分です。 これは、食事をした後の血糖値の急激な上昇を抑える働きがあり、食物繊維不足を補う目的で作られた物質です。青汁の原料には、食物繊維が豊富に含まれています。 しかし、1日の食事や、普通の青汁から摂取できる食物繊維の量はどうしても限りがあります。難消化性デキストリンが含まれていれば、更に整腸作用を促進してくれ、食後の糖もスムーズにしてくれるのです。

青汁はトクホじゃないとダメなの?

青汁はトクホじゃないとダメなの?

青汁はトクホじゃないとダメなの?

「キトサン」や「難消化性デキストリン」は普段の食事ではなかなか摂取出来ない成分のため、希少価値があります。 そのため、トクホに認定されていて、これらの物質が含まれている青汁を毎日飲む生活を送ることが出来れば、私たちの健康効果を良り高めてくれることは確かです。 また何より、国の厳しい基準をクリアしている食品ですから購入する時の目安として、非常に安心感が感じられます。

しかし現実的には、トクに認定された青汁は、大手メーカーが製造した商品が多く販売されていて、そうではない青汁と比較した場合に値段が高くなる傾向があります。 青汁を選択する1番重要なポイントは「自分自身の生活を改善するのにどれだけ会っているか」です。

トクホの青汁は、原料に含まれている栄養素にプラスアルファ私たちの健康改善を促進してくれますがまず、原料の青菜事態に、豊富な栄養が含まれています。 大麦若葉やケールを原料としたスタンダードな青汁であっても継続的に飲み続けることで、私たちの身体に必要な栄養素を十分に補ってくれます。

なるほど

なるほど

青汁を飲めば病気が治る、という結論と同じくらいトクホの青汁は絶対に良いという結論は、非常に安易で短絡的です。 しかし、健康効果が高まることは確かですが、少々、価格も上がるため、自分が青汁を使う目的をはっきりさせて、


キトサンや難消化性デキストリンを多く摂取する必要がある場合は、トクホの青汁を購入することを検討しましょう。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー