青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

意外!?青汁を飲む時間によって効果が違うって知ってました?

青汁は目的によって飲む時間が変わる

青汁は目的によって飲む時間が変わる

青汁は目的によって飲む時間が変わる

青汁は、非常に多くの栄養素を網羅していて、万能な栄養食品と呼ばれています。 しかし、飲む本人の生活やライフスタイルによって、飲み方が異なり、一律に西洋医学の医薬品のような効果を説明しづらいため、飲む青汁の種類や、飲み方に配慮が必要な商品です。

また、気を付ける必要があるのが、青汁を飲む時間帯です。 青汁が持つ栄養素を最大限に発揮して、健康な生活を送っている人達は、闇雲に飲むのではなく、効果を発揮する時間を意識しています。 例えば、ダイエット効果に期待している人は、まず、朝食は固形物をあまり食べないようにして、青汁だけで済まします。

そして胃や腸、肝臓をしっかり休めて日中に備えてから、昼と夜には、食前に青汁を飲んで食欲を抑えながら、 自分が好きな料理を楽しむ、など自分が続けやすくて、無理なく健康効果を発揮する「飲み方」のスタイルを身に付けると良いです。

目的別青汁の飲み方

目的別青汁の飲み方

目的別青汁の飲み方

偏った食生活を正して、野菜不足を解消して必要な栄養をバランスよく取りたいという方には、 朝一番に飲むようにしましょう。 睡眠中は身体を休め、回復するために多くのエネルギーを消費します。朝食の時間帯に青汁を飲むことで、消費した栄養や水分を補給出来ます。 また青汁に含まれた食物繊維は、腸内環境を整えて、免疫力を活性化させます。

朝の時間帯に腸を活性化させておくことでお通じを整えて、お昼以降の食事で、1日に必要な栄養素の吸収力を高めておけるのです。 健康維持や生活改善を目的として、青汁を飲む場合には1日のうち、いつ飲んでも良く、食事の前後や空腹時に飲むようにしましょう。 もし体重が気になるから、食欲を抑えておきたいという方は、上で挙げたように食前に飲むことで、食物繊維の効果を存分に享受することが出来ます。

夜に飲むのはどうなの?

夜に飲むのはどうなの?

夜に飲むのはどうなの?

朝や日中に飲むことで、青汁の栄養を体内にたっぷり取り込めますが、夜に青汁を飲むことで得られるメリットもあります。 実は、便秘解消を目的として飲む場合には、朝一番に飲んで腸内環境を整えておく方法もありますが、就寝前に飲むことで、腸の蠕動運動を高める方法もあります。 ただ、これには個人差があり、夜飲むと、腸に違和感を覚えてしまう場合があります。その時には、朝一番に飲むように切り替えるなど、体質に合わせた工夫が必要です。

また、青汁の原料であるケールには、他の野菜と比較にならないほどの「メラトニン」が豊富に含まれています。 このメラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれ私たちの身体が日光を浴びるリズムに合わせて、夜になるにつれて、体内の濃度が増えていきます。

この特性を利用して、夜にこのホルモンをたくさん取ることで、私たちの脳に働きかけて睡眠効果を誘うことが出来ます。 寝つきが悪いと、どうしても睡眠薬や漢方薬に頼りたくなりますが、私たちの身体の特性をうまく生かして、青汁によって、メラトニンをコントロールすることで快眠効果が期待できるのです。

なるほど

なるほど

青汁は、健康な生活を送るために1日に必要な栄養を、少量で、効率的に摂取することが出来ます。 加えて、飲む時間帯を意識して続けていくことで、私たちの身体に元々備わっている回復効果をうまく引き出してくれます。


青汁は、平安時代の医学書に起源を求めることが出来る程、日本人が古来から持つ自然と調和したライフスタイルと密接に関わり合っています。 青菜を原料とした自然の恵みを上手に享受して自分らしい健康生活を送りましょう。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー