青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

青汁で慢性疲労が改善されるってホント!?

慢性疲労が起こる要因とは?

慢性疲労の原因は?

慢性疲労の原因は?

「何となくだるい」「頭痛や微熱、疲労感がずっと抜けない」長期的な疲労がずっと続いてしまう状態を慢性疲労と呼びます。 半年以上にわたって、このような状態が続いて、日常生活に支障をきたしていしまうと「慢性疲労症候群」という病名がつき、薬物療法の対象となります。

慢性疲労は、心身に疲労が蓄積してしまっている状態を表します。長期間続く疲れを感じたら、必要なのは、薬でも医者でもなく、「休養」です。 体が発している疲労は、「休もうね」という自分へのメッセージです。しっかりした休養で、必要なエネルギーが充電出来たら、自然に能動的な行動が取れるようになります。

日本人は忍耐強い人が多く、ハードワークを乗り切れるほど、エネルギーマネジメントに長けている人はたくさんいます。 しかし、一方で「休み方」が上手でない人が多く、疲労回復のための方法論を身に付けてない人が多いのが現状です。 慢性疲労に陥らないように健康的な食生活、適度な運動を心がけ生活改善を行う事や効率的な休み方を身に付けて、疲労を引きずらないことも大切なのです。

心の疲れも慢性疲労を引き起こす

心の疲れも慢性疲労を引き起こす

心の疲れも慢性疲労を引き起こす

慢性疲労の引き金となるのは、心身の疲労や生活リズムや食生活の偏りなど、フィジカルな要因だけではありません。 身内の不幸や、長引く仕事のプレッシャーなど、「心の疲れ」につながる出来事も慢性疲労を引き起こす要因となります。

「メンタルヘルス」という言葉が、すっかり世の中に浸透し、十年程前と比較すると、心身の健康の重要さが、世の中的にも認められるようになりました。 自分の心をいたわり、メンテナンスできるのは自分自身に他なりません。疲労軽減には、身体のケアだけなく、心のケアも必要なのです。

青汁で慢性疲労を回復!

青汁で慢性疲労を回復!

青汁で慢性疲労を回復!

疲労回復に効果的といえば、にんにくやはちみつ、ローヤルゼリー、栄養ドリンクなどの食品類を思い浮かべる人が多いでしょう。豊富な栄養を効率的に享受できる青汁も疲労回復に十分役に立ちます。

長引く疲労に対して、抵抗力を失ってしまっている身体は、栄養が欠乏しています。青汁は疲労回復に必要なビタミン類を豊富に含んでいます。慢性疲労状態に陥ると、とにかくだるさが抜けず、身体の代謝が落ちていきます。

青汁には疲労回復に必要な栄養素に加えて、胃腸など、消化器官の調子を整え、免疫力を高める食物繊維類がたくさん入っているため、代謝を落とさずに、疲労回復の作用を生むのです。

原料の中では、大麦若葉は疲労回復やストレス軽減・貧血予防など幅広い栄養素をカバーしているので、まず大麦若葉を原料とした青汁を飲んでおけば間違いはありません。また大麦若葉は新陳代謝を促してくれます。

また、ケールは美肌効果や眼精疲労を緩和してくれたり、慢性疲労から付随して引き起こされる種々の症状を緩和させるために効果的です。

なるほど

なるほど

フルーツ青汁や青汁プロテイン、豆乳青汁など、ここ10年ほどで、青汁の青汁商品ががくさん生まれました。 豊富な栄養素をたくさん含んだ青汁を元に、それぞれ目的別に特化した内容で加工されています。 疲労回復に即効性がある商品として、黒酢青汁や、ヨーグルトなどと混合された乳酸菌青汁、はちみつ青汁などがあります。


青汁が持つ最大の特徴は、他の食品類との相性の良さです。ポテンシャルとして豊富な栄養を備えていながら、他の食品との相性が良く、何にでも応用でき、味を損なうことがありません。 色々なメーカの青汁や、青汁を利用した食品に親しむと、自分なりの「青汁の使い方」が見えてくるのです。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー