青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

青汁の今と昔を徹底検証!実は今の青汁はおいしいって知ってましたか?

青汁がおいしくなったってホント?

青汁がおいしくなったってホント?

青汁がおいしくなったってホント?

青汁の製造・販売が開始されたのは、1982年からです。青汁のメーカーとして、おなじみキューサイの前身である長谷川製菓株式会社が開始しました。 今は、フルーツ青汁や子供向けに味をアレンジした青汁など美味しく飲める青汁がたくさん販売されています。しかし、販売当時は種類も少なく、よく知られているような苦みの強い青汁のみでした。

青汁の原料となる青菜は豊富な栄養素を含む野菜とともに、薬草として使われるクマ笹なども使われます。 豊富な栄養を取るためには、味は多少苦くても仕方ないと考えられていました。当時はテレビ番組の罰ゲームに使われるほど、健康だけど、美味しくないというイメージが定着していました。

1990年代が青汁の第一次ブームです。そして、2017年に第二次ブームが訪れます。今度は、健康・美容ブームとともに、フルーツ青汁やサプリメントタイプの青汁が登場しました。 これによって、それまでは、豊富な栄養を摂取する健康目的で購入されていた青汁が、ダイエットや美容目的など、女性に好まれる形で流通していきました。

マズい青汁はどうなった?

マズい青汁はどうなった?

マズい青汁はどうなった?

第一次ブームの時に、美味しくない、マズイというイメージから流通していた青汁は、もちろん今も販売されていて、 特に健康目的や病気に負けない免疫力をつけたい人たちには今でも人気があります。 これらの多くは大麦若葉やケール100%の青汁ですが飲みやすさに配慮されて製造されているため、昔よりも広く受け入れられていて、子供でも飲めるように作られている商品もあります。

栄養価の高い青汁が飲みたい、でも独特の苦みだけは我慢できないという人は、原料の青菜100%の青汁を購入しておいて、 牛乳や豆乳、フルーツジュースなどと混ぜて飲むと、栄養を損なわず口当たり良く、飲むことが出来ます。 第二次ブーム以降に作られた青汁は、既に美味しくアレンジされた製品が多く、粉末を水に混ぜれば、味付きの状態で飲むことが出来ます。

昔は無かった!色んな青汁

昔は無かった!色んな青汁

昔は無かった!色んな青汁

新しい青汁の商品は今も増え続けています。最近、流行の青汁はこちらです。

・こどもフルーツ青汁
・プロテイン青汁
・はちみつ青汁
・ユーグレナ入り青汁
・藍入りの青汁
・コラーゲン入り青汁
・活性炭青汁
・パインの青汁ゼリー

第一次ブームの頃は、中高年以降の栄養補助のために購入されることがほとんどでしたが、 今は、特に女性や、若い世代にも受け入れられるようになり「健康のために青汁を飲む」だけでなく「キレイになるために青汁を飲む」という考え方も一般的になってきました。

商品がバラエティに富んでいる分、どれを選んだら良いか、消費者側も昔より迷うようになりました。 栄養を取って、筋肉増強を図りたければ、プロテイン青汁を選ぶ、美容目的ならコラーゲン入り青汁を選ぶなど、商品を選ぶ時には、まず青汁を買う目的をはっきりさせましょう。

その上で、使用されている原料がどのくらいの栄養をカバーしているかを調べれば、どういう栄養が取れるかが、わかります。 青汁は「飲み続けること」で効果を発揮しますから、始めのうちは、しっかり吟味して、自分に合った青汁を探しましょう。

なるほど

なるほど

青汁は今や健康食品という枠を超えて、私たちの生活の質を高めるために必要な食品となりました。 美容やダイエット、スポーツ後の栄養補給など、自分のライフスタイルを栄養面から支えてくれる青汁とうまく付き合っていきましょう。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー