青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

動脈硬化の予防・改善に青汁が期待できる理由

ビタミンEが動脈硬化に効く

ビタミンEが動脈硬化に効く

ビタミンEが動脈硬化に効く

ビタミンEは脂溶性ビタミンの1つと呼ばれていて血管を丈夫にする働きがあります。 食品の中では、アーモンドなどのナッツ、植物油などにたくさん含まれています。また魚介類やアボカドなどの野菜類にも、ビタミンEは多く含まれます。

青汁にはこのビタミンEが豊富に含まれているのです。 また、ビタミンEには強い抗酸化作用があり、動脈硬化や老化を進行させてしまう過酸化の資質が生成されるのを抑える働きがあります。

ビタミンEの働きはこれだけではなく、善玉コレステロールを増やす働きがあります。 善玉コレステロールは、血液中のコレステロールが増えるのを防ぐ働きをしてくれます。 悪玉のコレステロールが増えてしまうことで、動脈硬化が早まってしまいます。 これに対して、善玉コレステロールが増えることで、ドロドロの血液をサラサラにしてくれます。

血糖値の急上昇を防ぐ

血糖値の急上昇を防ぐ

血糖値の急上昇を防ぐ

動脈硬化の引き金となってしまう要因は、私たちの普段の生活の中に潜んでいます。 例えば、血糖値の急上昇。血液中の糖分を「血糖値」で表しますが、これが急激に上がると血糖中の糖が脂肪に変わってしまい、動脈硬化を引き起こしてしまうのです。 青汁を飲むことで、ビタミンEを効率的に摂取することが出来るのはもちろん、原料の青菜に含まれている食物繊維が糖質の吸収速度を遅らせてくれることで、血糖値が急上昇することを抑えてくれます。

ダイエットを目的に青汁を飲んでいる人に、食前に青汁を召し上がることをおすすめしています。 これにより空腹を満たし、食べ過ぎを抑えることができますが、食前に飲むことには他にも理由があります。 食前に飲むことで、血糖値の急上昇を防いだ状態で、食事をすることが出来るのです。

青汁を飲むことで、自然からの多くの恩恵を享受するlことが出来ますが、 もし「血糖値がどうしても気になる」という方には「桑の葉」を原料にしている青汁を飲むことをおすすめします。 桑の葉にはDNJ「デオキシノジリマイシン」という成分が含まれていて、これにも血糖値の急上昇を抑える働きがあります。 そして、DNJが含まれている野菜は桑の葉以外にありません。

青汁に含まれるカリウム

カリウムで高血圧を防ぐ

カリウムで高血圧を防ぐ

カリウムは五大栄養素の1つで、私たちの身体の細胞の機能位置に不可欠なミネラルでもあります。 カリウムを摂取することで、、血液中の塩分を一定にする働きがあります。 体内の余分な塩分を輩出して、血圧の上昇を防いでくれます。

青菜の野菜、ほうれん草や春菊、ブロッコリー、アスパラガス、バナナ、キウイなどにカリウムは含まれていますが もちろん青汁にもカリウムは豊富に含まれています。 原料によって、カリウムの含有量は異なりますが、一番多く含まれているのは、明日葉の青汁です。

なるほど

なるほど

青汁は野菜の中でも特に、身体に良いとされる栄養をあらかじめ多く含んでいます。ひと口に「青汁」と呼ぶ時、私たちは小分けに梱包された、緑色の粉末をイメージします。 私たちの親や祖母、祖父などの世代が親しんで飲用していて、飲むと苦い。


イメージは共通していますが、青汁は奥が深く、たくさんの種類と効能が分かれています。 少し取り上げただでも、こんなにも身体に良い要素があります。 自分に合った青汁とは、生活に必要な栄養分を効率良く摂取することが出来る商品のことなのです。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー