青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

青汁の原料について

青汁の原料について

青汁の原料について

青汁には実は沢山の種類があります。栄養価が高いとされ、青汁でよく使われている原料は「大麦若葉」「ケール」「明日葉」「クマザサ」「よもぎ」です。他にも沢山の種類がありますが、このページではこの5種類について具体的にご紹介したいと思います。

青汁には実は沢山の種類があります。

大麦若葉

大麦若葉とはイヌ科の植物に属するもので、その名が表す通り「若い大麦の葉」のこと。SOD酵素、カルシウム、亜鉛、鉄分を含み、また豊富なカリウム、マグネシウムなどのミネラル群やβカロテン、食物繊維を含んでいます。

大麦若葉

ケール

アブラナ科アブラナ属の植物に属し、主にキャベツやブロッコリーの仲間というような形です。皮膚や粘膜を強くするβカロテンを豊富に含み、睡眠作用に効果的である「メラトニン」や体を酸化から守ってくれるビタミンCが沢山含まれています。

ケール

明日葉

セリ科シシウドの植物に属し、βカロテン、ビタミンE,ビタミンC、血糖値を抑えるカルコンなどを豊富に含んでいます。明日葉はとても栄養価が高く、青汁の原料としても有名です。

明日葉

クマザサ

セリ科シシウドの植物に属し、イヌ科ササ属の植物に属し、いわゆる「笹」を連想してもらうと分かりやすいかもしれません。このクマザサは雪の中でも成長するほど生命力が高く、昔から胃腸薬などの治療薬として使われてきた歴史があります。具体的には骨の健康を保ってくれるビタミンK、ビタミンB2、ビタミンB1を多く含んでいます

クマザサ

よもぎ

正式名称はキク科ヨモギ属の植物です。私たちの生活に馴染みが深く、和菓子などでも使われているよもぎですが、実はとても栄養価が高いことが特徴です。ビタミンA、Cが豊富に含まれていること、食物繊維、鉄分、カルシウムなども多く含まれていることが特徴です。具体的には骨の健康を保ってくれるビタミンK、ビタミンB2、ビタミンB1を多く含んでいます

青汁で体内を若返らせる

青汁で体内を若返らせる

青汁で体内を若返らせる

具体的に青汁の原料についてご紹介してきましたが、その中でも特に有名で栄養価が高いのが「大麦若葉」です。高血圧、動脈硬化などの症状改善に効果的なSOD酵素というものを多く含んでいることや、カルシウム、亜鉛、鉄分なども沢山含まれているのでとても栄養価が高いことが特徴となっています

他にもカリウム、マグネシウムなどのミネラル群やβカロテン、食物繊維なども含まれているので非常に栄養価が高く、体に良い栄養素がたっぷりとバランスよく含まれていることが特徴です。

青汁はとても栄養価が高く、普段の食事だけでは補えない栄養摂取に期待ができます。飲むことで体内の状態を良くし、体の内部を整えてくれます。ホルモンバランスが安定することや、精神状態を良い状態へ導くと共に、健康な状態を目指すことが可能です。

なるほど

なるほど

最近は飲みやすいタイプの青汁なども販売されており、青汁を手軽に摂取できるようになっていることも良いポイントといっていいでしょう。昔に比べて飲みやすいタイプの青汁もあるので、きちんと栄養を摂取したい、いつまでも若々しくいたい人にはとてもオススメです。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー