青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

マイケア 「ふるさと青汁」

マイケア  「ふるさと青汁」
マイケア  「ふるさと青汁」 価格 3800円 マイケア  「ふるさと青汁」
一日あたり 126円
送料 500円
容量 3g×30包
何日分? 30日分
お試し価格 なし
おすすめ度 星 星 星

ふるさと青汁は、野菜の明日葉が主原料として使われている青汁です。1杯あたり126円で、3gという内容量を考えるとちょっと高い印象。原料や産地にはこだわっているようですが、農薬や化学肥料について詳しい記載がされていないのが減点ポイントです。栄養バランスが整った明日葉の青汁を飲みたいという方には良いかもしれません。

日本でも有名な企業であるサンスターから販売されている青汁です。

公式サイトへ

明日葉は栄養バランスが抜群

明日葉は栄養バランスが抜群

青汁と言えば野菜のケールや大麦若葉を主原料に使ったものが多いですが、ふるさと青汁は明日葉が主原料。明日葉は栄養バランスが良く、「野菜の王様」と言われるケールよりも栄養価が高いのが特徴です。ただ、ふるさと青汁は1杯あたりの内容量が3gと特に多いわけでもないので、全体的な栄養価はちょっと少なめ。バランス重視の青汁を探している方にはおすすめです。

また明日葉に含まれている「カルコン」という成分には、むくみを解消したりアンチエイジング効果があると言われています。女性にとっては嬉しい成分ですね。公式サイトにも「(お腹が)スッキリ」というフレーズが目立っています。

ちなみにふるさと青汁には、明日葉のほかにも桑の葉や大麦若葉が含まれていて、抹茶のような香りが特徴的です。独特のクセがあるケールの青汁よりも飲みやすい印象ですが、特別美味しいというわけでもないので、飲んだ人によって好き嫌いが分かれるでしょう。

ふるさと青汁は腸にも良い

ふるさと青汁は腸にも良い

ふるさと青汁には難消化性デキストリンや直鎖オリゴ糖が配合されています。難消化性デキストリンとは水溶性の食物繊維のことで、これが入っているとトクホ(特定保健用食品)にも申請できる成分です。ふるさと青汁は便秘が気になる方におすすめできますが、難消化性デキストリンが配合されている分、値段が高くなるのが難点ですね。

直鎖オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサになる成分です。いろんな食品に入っているので珍しい成分ではありませんが、食物繊維との合わせ技で腸内環境の正常化が期待できます。ふるさと青汁は女性も喜びそうな成分がイロイロと入っていますね。

公式サイトへ

なるほど

なるほど

ふるさと青汁に使われている明日葉の量は全体の4割程度なので、明日葉が使われていると言ってもほどほどの印象です。ケールを主原料に使った青汁よりは飲みやすいので、「青汁独特の青臭い風味が苦手」という方には良いですね。農薬や化学肥料についてあまり触れられていないので、何年も飲み続けるとなると疑問が出てきます。でも体に悪い添加物などは使われてないので、素材については合格点の青汁です。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー