青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

ファイン 「日本の青汁」

ファイン  「日本の青汁」
ファイン  「日本の青汁」 価格 1404円 ファイン  「日本の青汁」
一日あたり 46円
送料 送料無料
容量 100g
何日分? 30日分
お試し価格 なし
おすすめ度 星 星 星

「日本の青汁」はコスパが良いのが特徴で、量を気にしないでたっぷり飲みたい方におすすめです。人工甘味料が気にならなければ、素材も国産の大麦若葉やケール、ゴーヤといった無農薬の野菜が使われています。良い所もあれば注意すべきところもある、一長一短の青汁という印象ですね。

日本でも有名な企業であるサンスターから販売されている青汁です。

公式サイトへ

国産素材が使われている

国産素材が使われている

コスパの良い青汁は、まずは中国産の野菜を使っているのを疑いますが、日本の青汁は国産の大麦若葉やケール、ゴーヤを青汁成分として使用しています。数種類の野菜を配合することで、ビタミンやミネラルなどの栄養価のバランスが良くなるのです。しかも栽培時に農薬を使用していないそうなので、それなりに安心感もあります。

ただ、そこはやはりコスパ重視の青汁。ホームページでは「農薬を使っていない」ということには言及していますが、化学肥料や製造工程などについては記載されていません。安全性に問題はないと思いますが、長く飲み続ける青汁なのでちょっと気になります。

「細かいとこまで気にしない」という方であれば、問題なく飲める青汁でしょう。

値段が安い分、添加物も入っている

値段が安い分、添加物も入っている

値段が安い青汁なので仕方ないとも思いますが、やっぱり色々と添加物が入っていますね。ちなみに日本の青汁には水溶性の食物繊維である難消化性デキストリンや、腸内の善玉菌のエサになってくれるフラクトオリゴ糖、免疫力アップなどが期待されるクロレラの粉末、とろみをつけたり粉末を溶けやすくするデキストリンが入っていますが、これはまだ安全。

問題なのは還元麦芽糖水飴やスクラロースといった人工甘味料。農薬は使われていなくても、これら人工甘味料はマイナスポイントです。人工甘味料は体への害がまだあまり分かっていません。砂糖のように血糖値を上げ、糖尿病のリスクを上げるといった報告もあります。

青汁は続けて飲んでこそですからね。でもコスパを考えると仕方ないような気もしますが…。安全性にこだわりたい方は他の青汁のほうが良いかもしれません。コスパ重視の方にはおすすめですよ。

公式サイトへ

なるほど

なるほど

値段の割には合格点といった感じ。中国産の青汁を飲むくらいなら断然、日本の青汁など国産の原料を使ったものを選びましょう。安全性は合格点とはいきませんがオリゴ糖も入っているので、美味しく飲みやすい青汁となっています。ちなみに日本の青汁はスティックタイプではないので、粉末をスプーンですくうという手間はかかります。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー