青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

DHC 「青汁+豆乳」

DHC  「青汁+豆乳」
DHC  「青汁+豆乳」 価格 3888円 DHC  「青汁+豆乳」
一日あたり 129円
送料 送料無料
容量 190g×30缶(ドリンク)
何日分? 30日分
お試し価格 なし
おすすめ度 星 星 星

DHCから発売されている「青汁+豆乳」は、豆乳味でまろやかな青汁です。缶タイプなので粉末を混ぜる手間いらず。値段は1缶あたり129円と安くは無いですが、無調整豆乳をベースにした青汁なので、決して高すぎるわけではありません。砂糖が入って甘いので、好き嫌いが分かれそうな青汁です。

日本でも有名な企業であるサンスターから販売されている青汁です。

公式サイトへ

豆乳が好きな方には良い

豆乳が好きな方には良い

青汁+豆乳は、豆乳好きの方にはおすすめです。豆乳に砂糖が添加されているので、人によっては「甘すぎる」という方がいるかも。またとろみもあり、のどごしはそこまで良いわけでもありません。青汁成分も入っているのでクセはありますが、従来のケールなどの野菜が100%の青汁よりは飲みやすいです。

ちなみに1缶あたり95キロカロリーもあるので、ダイエットをしている方には向かないかもしれませんね。味は甘いので血糖値が気になるような方にはおすすめできません。ただコレステロール値は0なので、コレステロールが気になる方でも安心して飲むことができますよ。

どんな成分が入っている?

どんな成分が入っている?

青汁+豆乳という名前がついていますが、イロイロな成分が入っています。豆乳の原料である大豆(遺伝子組換えでない)や青汁成分の大麦若葉、貧血やコレステロール値を下げる働きがあるヨモギ、血液サラサラ効果が期待できるひまわり油(こちらもコレステロールを下げる働きがあり)。それ以外にも貝カルシウムやビタミン類が添加されています。

また調整のために砂糖や食塩、爽やかな塩味のあるクエン酸ナトリウム、食品の粘度を上げるジェランガムやキタンサンガムが入っています。これらの成分は食べても安全だと言われているので、特に気にすることはありませんよ。

大豆や大麦若葉を製造する過程で農薬などが使われているのかどうかは不明ですが、DHCは品質チェックも厳しいはずなので、安全性は合格点といったところでしょう。ビタミンなどが添加されているのが気にならなければ、子供からお年寄りまで、どなたでも安心して飲むことができますよ。

公式サイトへ

なるほど

なるほど

豆乳には女性ホルモンに似た働きをする成分の「イソフラボン」が入っていますので、青汁+豆乳は女性にもおすすめです。豆乳を飲むことで、青汁の野菜成分に不足しているタンパク質を補うこともできますので、全体的にバランス良く栄養補給が可能。個人的には砂糖が入っていなければもっと良かったかな…

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー