青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

若くても注意が必要な「骨粗しょう症」と、予防に青汁が期待できる理由

骨粗しょう症ってどんな病気?

骨粗しょう症ってどんな病気?

骨粗しょう症ってどんな病気?

骨粗しょう症とは、骨量(骨に含まれるミネラルの量)が少なくなり骨がもろくなる症状のことを言います。骨量は働き盛りの20代~40代が1番多いと言われていますが、妊娠などが原因で骨粗しょう症になる方もいます。骨粗しょう症は50代や60代の年配の方の病気のように思っているる方も多いのですが、実は30代や40代の方の中にも骨粗しょう症の予備軍がたくさんいるのです。

それでは骨粗しょう症になると、体にどんな症状が現れるのでしょうか。分かりやすいのが骨折。骨がもろくなれば当然骨が折れやすくなります。若い人が骨折しても、また骨が折れる前のような生活に復帰できるでしょうが、高齢の方が骨折してしまうと寝たきりになってしまうこともあります。骨が折れても治って元通りというのは、全ての方に共通というわけではないのです。

骨粗しょう症の原因は?

骨粗しょう症の原因は?

骨粗しょう症の原因は?

骨粗しょう症の原因にはさまざまなものがあります。まずはカルシウムやマグネシウム、ビタミンK、ビタミンDなどの成分が欠乏しているということ。これらの成分が足りていないと丈夫な骨が作られません。お次は砂糖。「砂糖が骨と関係あるの?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、砂糖は体の中で分解される過程で、骨の素になるカルシウムを消費してしまうのです。

そして日照不足や運動不足。日光浴をすると人間の体にビタミンDが生産され、運動不足で骨への負荷が少なすぎる状態が長く続くと、徐々に骨が弱くなってしまうのです。また女性ホルモンは骨を丈夫にする働きを持ちますので、女性ホルモンが減少する閉経後の方は骨粗しょう症になりやすくなってしまいます。

青汁で骨粗しょう症を予防できる

青汁で骨粗しょう症を予防できる

青汁で骨粗しょう症を予防できる

実は青汁には、骨粗しょう症を予防する成分がふんだんに入っているのです。カルシウムやビタミンK、ビタミンD、マグネシウムなど、骨粗しょう症予防に効果的な成分が目白押し。例えば青汁の成分でメジャーな野菜であるケール100gには、牛乳200ml分のカルシウムが含まれています。「牛乳を飲みたいけれど、お腹がゴロゴロして飲めない」といった方にも、青汁はオススメなんですよ。

なるほど

なるほど

人間は年齢を重ねると、とどんどん骨が弱くなっていく傾向にあります。ですから毎日青汁を続けることで、骨折知らずの健康的な毎日が維持しやすくなるのです。もちろん働き盛りや運動不足の方も、積極的に青汁を活用していきたいですね。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー