青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

肝臓と腎臓が悪い人は、青汁を控えましょう!

肝臓と腎臓に問題のある方は青汁NG!

肝臓と腎臓に問題のある方は青汁NG!

肝臓と腎臓に問題のある方は青汁NG!

肝臓や腎臓に何かしらの問題を抱えている方は、青汁を飲まないようにしてください。

肝臓や腎臓に問題がある方が青汁を飲むと、成分のカリウムをうまく体外へと排出できず、高カリウム血症になる可能性があります。高カリウム血症になると不整脈やしびれ、吐き気などの症状が出てきます。不整脈が原因で死に至る場合もありますので、肝臓や腎臓に問題のある方は絶対に青汁を飲まないようにしてください。

「私は青汁を飲んでも大丈夫かな?」と気になる方は、かかりつけの医師に相談してから青汁を飲んでくださいね。ちなみ肝臓や腎臓に問題がない方に限っては、青汁を飲むことで肝臓や腎臓の機能をアップさせる効果が期待できます。

青汁に含まれている食物繊維はコレステロール値を下げて肝臓の負担を減らしてくれますし、余分なナトリウムを排出して腎機能をサポートするカリウムも豊富に含まれているのです。

食物アレルギーにも注意!

食物アレルギーにも注意!

食物アレルギーにも注意!

青汁の原材料に食物アレルギーがある方は、もちろん青汁を飲むことはできません。青汁を購入する前に原材料をしっかりとチェックしましょう。原材料などはその商品の公式ホームページなどで確認することができます。

またアレルギーではありませんが、1歳未満の赤ちゃんにも青汁を飲ませるのは控えたほうがよい場合があります。青汁のなかには赤ちゃんにボツリヌス病を引き起こすハチミツが使われているものもあります。

しかもカフェインが入った抹茶や緑茶も使われている場合がありますので、赤ちゃんだけでなく妊婦さんにも悪影響が。さらにカフェインが入っていない青汁でも、農薬や食品添加物が使われている青汁もあるので、こちらも事前にしっかりと原材料をチェックすることが必要ですよ。

そのほかの注意点は?

そのほかの注意点は?

そのほかの注意点は?

青汁を飲む際の注意点はまだまだあります。まずは血液を固まりにくくするワーファリンを飲んでいる方は青汁を飲んではいけません。青汁に含まれるビタミンKがワーファリンの効果を弱める可能性があるのです。

また甲状腺に異常がある方も青汁は控えましょう。野菜のケールを使った青汁にはイソチオシアネートという成分が含まれています。このイソチオシアネートには甲状腺ホルモンの分泌を抑えてしまう作用があるのです。

なるほど

なるほど

青汁には健康効果も期待されていますが、全ての人が飲めるというわけではないのです。体に何らかの病気や異常などをお持ちの方は、青汁を飲む前に医師に相談するようにしましょう。青汁を飲んでも問題ないことが分かれば、体への良い影響がイロイロと期待できるでしょう。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー