青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

青汁パワーUP!青汁の効果を引き出してくれる食べ物とは?

青汁の効果を引き出す食べ物とは?

青汁の効果を引き出す食べ物とは?

青汁の効果を引き出す食べ物とは?

実は青汁と相性の良い食べ物があるんです。さっそくご紹介していきますので、青汁を飲んでいる方は参考にしてみてくださいね。

まずはヨーグルト。ヨーグルトには青汁に含まれていない動物性のタンパク質が入っています。さらに腸内環境を良くする乳酸菌が入っていますので、青汁の食物繊維との組み合わせでさらに腸内環境を良くしてくれるのです。またヨーグルトの味わいが青汁のクセをまろやかにしてくれますので、青汁が苦手な人にもおすすめですよ。

お次はレモン。レモンには疲労回復効果のあるクエン酸が豊富に含まれています。青汁にも疲労回復効果が期待できるビタミンB1やビタミンC、各種ミネラルなどが豊富に含まれていますので、青汁にレモン汁を入れることでさらなる疲労回復効果が期待できるのです。もちろんクエン酸が入っているものならグレープフルーツや梅干し、酢などでもOKですよ。青汁に混ぜて一緒に飲むならフルーツ系がおすすめです。

相性の悪い食べ物はある?

相性の悪い食べ物はある?

相性の悪い食べ物はある?

実は青汁と相性の悪い食べ物もあるんです。それは生の人参。生の人参にはアスコルビナーゼという成分が含まれており、このアスコルビナーゼが青汁のビタミンCを壊してしまう作用を持っているのです。加熱された人参はアスコルビナーゼが働かなくなるので大丈夫ですが、生の人参との食べ合わせだけは注意しましょうね。

また食べ物以外でも注意点が。青汁をホットで飲んでいる方も見かけますが、青汁をホットにするとビタミンCが壊れてしまうのでおすすめできません。また抗酸化作用のあるSOD酵素も壊れてしまいます。どうしても冷たいのは嫌という方は、SOD酵素が働かなくなる50℃よりもぬるい温度で飲むようにしましょう。

青汁は料理にも使える?

青汁は料理にも使える?

青汁は料理にも使える?

青汁を料理にプラスすることで、栄養価をアップさせることができます。おすすめしたいのがホットケーキ。ホットケーキに混ぜて焼くことで、炭水化物が中心のホットケーキが栄養満点のメニューに変身!野菜嫌いのお子さんも喜びますよ。

またカレーに青汁を加えると、栄養満点のおいしいカレーになります。最後の仕上げに粉末青汁を加えて混ぜるだけなので、作るのもカンタンです。ぜひ試してみてくださいね。

なるほど

なるほど

水に溶かして飲むだけで栄養満点の青汁ですが、他の食材と合わせたり料理に混ぜたりすることで、タンパク質など青汁に不足している栄養成分を補うことができるのです。今回はヨーグルトをご紹介しましたが、青汁を牛乳で割るだけでも栄養価がアップして、美味しくなりますのでおすすめですよ。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー