青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

意外!?青汁を飲む時間によって効果が違うって知ってました?

青汁は目的によって飲む時間が変わる

青汁は目的によって飲む時間が変わる

青汁は目的によって飲む時間が変わる

実は青汁を飲む目的によって、飲む時間を変える必要があるのです。基本的に青汁は1日のどの時間帯に飲んでも良いものですが、目的別に飲むタイミングを変えることで青汁の効果を最大限に引き出すことができるのです。

「今まで青汁をなんとなく飲んでいた」という方は、飲む時間を工夫することでさらなる健康効果が期待できますよ。高血圧の人は4,000万人近くいるというデータもありますから、決して私たちに関係のないことではないのです。

目的別青汁の飲み方

目的別青汁の飲み方

目的別青汁の飲み方

便秘を解消したい方は、朝起きてすぐに飲むことをおすすめします。朝起きてすぐ飲むのは寝ている間に失われた水分を補給する目的もありますが、腸の運動を活発にして便通を良くする働きもあるのです。しかも青汁にはお通じを良くしてくれる食物繊維もたっぷりなので、便秘解消にはもってこいですよ。

お次はダイエットが目的で飲む場合。ダイエットが目的の方は食前の空腹時に飲みましょう。ダイエットを成功させるためには食欲を抑えたり、脂肪が体に付きやすくしてしまう血糖値の急上昇を防ぐことが有効です。青汁の食物繊維には満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果や、血糖値の上昇を緩やかにする効果が期待できるのです。

そして健康維持のために青汁を長く続けたい方。この場合は1日の中のいつ飲んでも構いませんので、自分が都合の良い時間帯に飲みましょう。続けるコツとしては「朝起きたらまず1杯」「会社の昼休みに1杯」などと決まった時間に飲むことを習慣づけてしまったほうが、ストレスなく続けることができますよ。

夜に飲むのはどうなの?

夜に飲むのはどうなの?

夜に飲むのはどうなの?

さて、朝や昼に飲む方法はイロイロ見てきましたが、夜に飲むのはどうなのでしょうか。実は青汁を夜に飲むことで、快眠への近道になるのです。

それは野菜のケールが配合されている青汁にヒミツがあります。ケールには快眠のもとである”メラトニン”が豊富に含まれているのです。寝付きが悪く睡眠薬などを飲んでいる方もいらっしゃいますが、薬には副作用の心配もありますよね。でも青汁なら副作用の心配なく快眠が期待できますので、夜ぐっすりと眠れない方はぜひ試してみてください。

なるほど

なるほど

青汁はケールや大麦若葉などの野菜で作られているのがほとんどなので、健康に悪いわけはありませんよね。いつもは夜に青汁を飲んでいる方が「週末はデートがあるから今週だけはダイエットのために食前に飲もう」などといったこともできるでしょう。飲む時間帯を調節することで、あなたの青汁ライフをもっと充実させてみてくださいね。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー