青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

青汁の今と昔を徹底検証!実は今の青汁はおいしいって知ってましたか?

青汁がおいしくなったってホント?

青汁がおいしくなったってホント?

青汁がおいしくなったってホント?

最近の青汁はおいしくなったという声がよく聞かれます。でもどうしておいしくなったのか、今と昔の青汁を比較して検証してみましょう。

青汁が世間に認知されるようになったのは、1990年から放送された「マズい!もう一杯」というCMが全国的に人気になったのが始まりです。またバラエティ番組の「笑っていいとも」で青汁が罰ゲームに使われ始めたのも人気に拍車をかけました。マズいけど体に良いと、青汁のブームが起こります。

でも今は青汁の開発も進んできて、美容やダイエットを気にする女性でも飲めるようにと、徐々においしくなってきているのです。原料にもさまざまな工夫がほどこされ、昔ながらの野菜のケールのみを使った青汁以外にも、フルーツ味でおいしい青汁やゼリー状の青汁、乳酸菌が入った青汁など、実にさまざまな種類が発売されています。

マズい青汁はどうなった?

マズい青汁はどうなった?

マズい青汁はどうなった?

昔ながらのケール100%のマズい青汁も、いまだに根強い人気があります。ただ品種改良などで昔のケールよりも多少は飲みやすくなっているようです。といっても味は「マズい」という意見が圧倒的。ケールのクセが苦手という方は牛乳やリンゴジュースなどで割ると、飲みやすくなりますよ。

昔は無かった!色んな青汁

昔は無かった!色んな青汁

昔は無かった!色んな青汁

さて、最近ではどんなタイプの青汁が発売されているのでしょうか。ごく一部ですが例を挙げてみましょう。

・フルーツ入り
・ゼリータイプ
・乳酸菌入り
・すりおろし野菜入り
・サプリメント(粒)タイプの青汁
・ヒアルロン酸など美容成分入り
・キトサンなどが入った特定保健用食品
・黒糖や抹茶が入った寒天タイプ
・単一原料による昔ながらの青汁

ちょっと挙げただけでもかなりの種類がありますね。もちろんこれ以外にもさまざまな種類があります。また種類によって栄養成分も違いますので、購入をお考えの方は味だけでなく成分もチェックすることをおすすめします。「青汁の成分が気になって買ったのに、ケールなどの野菜以外の成分ばかり入っていた」ということにもなりかねませんからね。

また中国産の原料を使った青汁も、安全性が気になりますのでおすすめできません。ただどうしてもヨーロッパなどの海外でしか栽培できない原料を使っている青汁もあるので、買う前に青汁の公式ホームページなどでしっかりとチェックしておきたいところです。

なるほど

なるほど

青汁はマズいというのは昔の常識。最近では非常に多くの種類が出回っているので、健康が気になる年配の方だけでなく、小さいお子さんや20代の女性なども青汁を飲み始めているんです。ぜひみなさんも、自分の好みに合った青汁を選んでみてくださいね。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー