青汁の比較なら青汁辛口レビュー

ナビゲーション

動脈硬化の予防・改善に青汁が期待できる理由

ビタミンEが動脈硬化に効く

ビタミンEが動脈硬化に効く

ビタミンEが動脈硬化に効く

青汁に使われている大麦若葉やケールにはビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEには血管の細胞膜が傷つくことから守ってくれ、血管を丈夫にする働きがあります。さらにビタミンEには善玉コレステロールを増加させる働きもあります。善玉コレステロールを増やすと、血液をドロドロにしてしまう悪玉コレステロールを減らす効果もありますのでその結果、動脈硬化を防いでくれるというわけです。

またビタミンEとビタミンCには、脂肪が酸化して血管内に付着するのを防いでくれる抗酸化作用がありますので、動脈硬化予防には効果的だと言われています。

血糖値の急上昇を防ぐ

血糖値の急上昇を防ぐ

血糖値の急上昇を防ぐ

青汁には血糖値の急上昇を抑える働きも期待できます。血糖値が急上昇すると血液中の糖が脂肪に変わってしまい、動脈硬化の原因になってしまうのです。青汁飲むと、原料の野菜に多く含まれている食物繊維が糖質の吸収速度を遅くしてくれます。そうすることで血糖値の急上昇を抑えることができるのです。効果的に血糖値の急上昇を防ぐためには、食前に青汁を飲むことがおすすめです。

ちなみに青汁の原料として使われることもある”桑の葉”にはDNJ(デオキシノジリマイシン)という成分が含まれています。DNJには腸内の消化酵素と結びつく性質があるので、消化酵素が糖と結びついて吸収されることを抑えてくれるのです。現在DNJが含まれていることで知られている野菜は桑の葉のみです。血糖値が気になる方は桑の葉が配合されている青汁を選ぶというのも一つの手ですよ。

通常、青汁には血糖値を上昇させる成分が含まれていませんので、糖尿病の方でも安心して飲むことができますよ。

カリウムで高血圧を防ぐ

カリウムで高血圧を防ぐ

カリウムで高血圧を防ぐ

カリウムには血液中の塩分量を一定にする働きがあります。塩分を摂り過ぎると、血液を薄くするために血液の量が増えて血圧が上昇してしまいます。そんな時にカリウムを摂取すると、血液中の塩分バランスを整えるために尿とともにナトリウムを排出してくれるのです。

また塩分には血液中の血小板が固まりやすくする働きもあり、その働きが原因で血管が詰まりやすくなってしまうのです。カリウムの摂取量は男性女性共に不足している傾向にあるので、積極的に青汁でカリウムを摂取するようにしたいですね。ちなみに高血圧の方はカリウムを多めに摂取することも勧められています。

なるほど

なるほど

青汁を飲むだけで動脈硬化への効果が期待できるのは嬉しいですね。ビタミンEや食物繊維、カリウムなどはスーパーで売っている野菜でも摂ることができますが、青汁を飲むことで効率的かつ手軽に栄養成分を摂取することができますよ。

青汁の基礎知識を学ぼう!自分にあった青汁の選び方のために欠かせません
青汁の原料について 青汁の効果について
青汁の選び方 青汁比較レビュー
青汁の原料について 青汁の効果について 青汁の選び方 青汁比較レビュー